<<|2/2 PAGE|

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

Colors001





--001---------------------------------------------------

昨日からの嵐で真っ黒く練れたレールは
遠くの光に吸い込まれていた。
ただ開いて閉じるだけのドアに
彼はいらいらして目を向けながら
言葉にならない悪態ばかりついている。
もうどっちかわからない温度の缶コーヒーが
彼の手の中で形をゆがませた頃、
自分が好きだった曲さえ味気なくなった事に
彼はやっと、気付いたんだ。

    何しに来た?

開いたドアが彼に言う。

    何してるんだ?

閉じるドアが、彼に言った。
ドアにぶつけられた空き缶が
車両の奥へ転がっていった。
続きを読む▼
▲topcomments(0)trackbacks(0)
<< | May 2020 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored