<< まだ決まってないから!!!!mainホワイトバンド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

ターネーション

続いていく。
なにがあっても僕達は
続いていくのだ…。




TARNATION
ターネーション




すごい。自分でMacでここまで出来てしまうんだね。
まずそれにびっくり。
特に自分で映像を作っている人は
一度は見てみたほうがいいかも。と思う。
映画というよりも映像コラージュ。
自伝というよりも断片の記録。
はらはらと散らばる記憶の風景が
明暗表裏一体を感じさせながら
痛かったり、少しほっとさせられたりしながら
スクリーンに描かれる。

一見取りとめのないように感じる記憶の断片が
すとん、と彼を通じて一つになる後半の一場面…。

続いていく。
過去に苦痛があってとしても。傷を受けても。
なにがあっても僕達は、幸せになるために
続いていくのだ…。

自分が、愛する人達が
幸せに過ごせる世界を、自分で作っていく事。
…彼は今、幸せだろうか。
だと、いいな。

DVDが出たらほしいなぁなんて思いながら
映画館を出たのでした…。
▲topcomments(7)trackbacks(10)

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

name: 大狼男
date: 2005/08/08 12:37 PM
トラバありがとうございます!

これからもお願いします!
name: akira@
date: 2005/08/08 9:07 PM
こちらこそありがとうございます!
いろいろ映画の事とか
教えてくださいね〜♪
name: MANAMI
date: 2005/08/09 9:57 PM
TB & コメントありがとうございます。

自分の傷を抉り出し塩を塗りこめるような映像がこちらに突き刺さってくるようで痛かったですが、ラストシーンには救われますね。

これからも、よろしくお願いします。
name: akira@
date: 2005/08/09 10:22 PM
こちらこそありがとうございます!

あんなに映像を加工していても
本当にリアルでした…。
絆って強くてやさしいものですね。

こちらこそ
これからもよろしくお願いいたします。
name: akaboshi07
date: 2005/09/06 1:25 PM
はじめまして。僕は最近観ました。
後半に出てくる、現在の彼の日常のなんでもないカットが
すごく印象に残りました。
映画の価値って、小難しい事よりも
観た人の記憶にどれだけ残るかだと僕は思います。
この映画は不思議と、「映像」というよりは
「いろんなイメージ」が写真のようにたくさん
記憶に残りました。
記事をTBさせていただきます。
name: akira@
date: 2005/09/06 10:49 PM
akaboshi07さん
TB&コメントありがとうございます!

>この映画は不思議と、「映像」というよりは
「いろんなイメージ」が写真のようにたくさん
記憶に残りました。

そうですね。私もそんな感じです。
そしてジョナサンの事をもっと知りたくなって
どんどん引き込まれた…そういう感じでした。
もう一回みたいなぁ…と思っていますw
name: 競馬予想
date: 2009/05/02 11:16 PM
GW特別企画今だけ天皇賞・春の鉄板激アツ情報を配信中!某有名名手に聞くところ大荒れ必須の天皇賞・春、この奇跡的なチャンスは絶対に逃せない!想像してください。貴方様が伝説の馬券を手にするその時を!
この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

from: パンダってうまいかなぁ・・・
date: 2005/08/07 10:59 PM
東京では昨日、8月6日に『TARNATION(ターネーション)』という映画が公開されました。 『TARNATION』とはどんな映画なのか軽く紹介します。 この映画は一言で言うと、一人のアメリカ人の男の『自伝的
from: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
date: 2005/08/08 2:05 PM
TARNATIONとは、「天罰、破滅、地獄に落ちる、永遠の断罪」といった意味の言葉だそうです。そして、チラシには、「僕から母レニーへ、魂の告白(ラブレター)」とありました。 この作品で描かれているのは、監督であるジョナサン・カウエットが辿ってきた人生の軌跡で
from: I N T R O+blog
date: 2005/08/09 7:02 PM
『ターネーション』(2004 / アメリカ / ジョナサン・カウエット) Text By 仙道 勇人  誰の人生にもドラマがあり、その瞬間を積み重ねれば語るに足る物語になるものである。しかし、中にはその軌跡を辿るだけで凡百の物語を軽く凌駕してしまうような、余人の想像を絶す
from: シカゴ発 映画の精神医学
date: 2005/08/10 11:53 AM
 「ターネーション」は、「映画の精神医学」的には絶対に紹介しないといけない映画である。  オフィシャル・ページの宣伝文を引用すると「アメリカ映画評論家支持率92%! 100を超える全米映画評論家が2004年ベスト10に選んだ感動作」だそうだ。  同ページの
from: 秋日和のカロリー軒
date: 2005/08/10 12:46 PM
映像は語らない   歴史=HISTORYとはHIS STORYにほかならないとつぶやいてみせたとこで、その言葉はむなしいダジャレとしてうわ滑りしてゆくのみである。ここにある映画がドキュメンタリーであるか、フィクションであるか、それもまた、映画が映画
from: 地球が回ればフィルムも回る
date: 2005/08/17 12:29 AM
『ターネーション』 iMovieを駆使して、パーソナルな個人史を描いた、デジタル時代の申し子とでもいうべき映像作家、ジョナサン・カウエットの作品。 主人公(ジョナサン・カウエット自身)と母親との愛憎の関係史が描かれるが、母親から距離を置くためにニューヨークに
from: Glenlivet Studio
date: 2005/08/24 3:43 AM
ターネーション(TARNATION)公式HP アメリカ映画評論家支持率92...
from: フツーに生きてるGAYの日常
date: 2005/09/06 1:22 PM
映画でも創んなきゃやってらんね〜よ! この映画から発散されるエネルギーを一言で言ったらそんな感じ。 アメリカに住む31歳のゲイが、パソコンで作った自主制作からスタートしたドキュメンタリー。制作途上の断片映像が著名なプロデューサーの目に留まり、制作のバ
from: 泥海ニ爆ゼル
date: 2005/11/18 10:35 PM
「ターネーション」 ぼくはよくよく映画の前評判に影響されやすいなあ、と気付く。今回もカンヌ、サンダンスが絶賛した、という鳴り物につられて観にいったクチです。安直といえば安直なんだけど。タイトルも興味深い。ターネーション:天罰、破滅、地獄、永遠の断罪。
title:TERNATION
from: デルログ
date: 2006/06/17 1:07 AM
正直、最初の10分くらいで、ジョナサンのナルぶりに、きっついなぁと思いつつ観てい
この記事へのトラックバック
<< | July 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      01
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored