<< それでも進む。僕たちは。main色々調べる無党派ですからっ☆ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

終わってはいない。これから。

なんとまぁ
読み返すとつくづく「なーに言いたいのかわからんっ」って文章に
我ながらがっかりなんですけどー…。
でもまぁいい。負けないっ。



今回、無罪がでた大野病院の件ですけど。
これで終わってはないんですよね。
世間的には「判決でたねー」「よかったねー」或は「納得いかない」って
思うかもしれない。
で、思うだけで多分数日後にはすっかり過去で
「あれ?まだ言ってるの?」「いいじゃんもう決まったことだし」とか言って
こだわる人達をあっさり言い捨てちゃったりするのかもしれない。
或は「もう結論は出たんだからもっと前向きに考えてよ」みたいな。

でもさー。ちょっと思ってみた。
今回の件は一連の流れのひとつ、分かりやすい事例だってことで、
まだまだ終わって無いんだ。当事者である医療関係者にとっては。(遺族にとっても)

きっとね、悩んで悩んで一線から退いてしまった同僚とか
悩んで悩んですっかり心が痛んでしまった同僚とか
みてると思うんだ。
そしてなによりもさ
無罪になった次の日から
事態が一転して杞憂がすっぱり晴れたなんてこと
ありえないわけで。
まだ、終わってないんだよね。そんな風に考えてみた。
まぁこれは遺族側にもいえると思う。
ただ、うーん。
なんつーか、感情移入できないんだよなぁ。なんか強引すぎて。

人殺し とか 殺人犯って言葉は重い。
重くて、衝撃は大きい。
特に助けるのを生業にしている人にぶつけた言葉としては
破壊力最大なような気がする。それはさ。
自分自身、仕事していて
怒られたり不手際を指摘されたりはがんばれるんだ。
でも一番堪えるのは
「手抜いた」「やる気あるのか」の類の罵倒なんですよね。
ましてや、生命を扱うんだから。
想像絶する…。

今、医療関係者に対して
「もっと前向きに」とか言うのは酷、というより
場違いな気がするんだ。
キモチが切り替わるのはもっ時間がいることと思うんだ。
でもってこの一言がいいたいんですけど

お医者さん達が今回の件でちょっとほっとしたのと同じように
患者になり得る私たちもほっとしましたヨ。てことなんです。
(まぁ、全員じゃないんだろうけど…大抵の人はそう思ってるんんじゃないかなと。)

しっかしあれだねー。
今回の件で色々。
弁護士さんの文章、大学教授の文章
読んでみて、やっぱ上手。
いいなぁ。

▲topcomments(0)trackbacks(0)

スポンサーサイト

▲top|-|-

:: Comment ::

この記事へコメントする

      

:: Trackback ::

この記事へのトラックバック
<< | September 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
     0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored