|1/2 PAGE|>>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

▲top|-|-

終わってはいない。これから。

なんとまぁ
読み返すとつくづく「なーに言いたいのかわからんっ」って文章に
我ながらがっかりなんですけどー…。
でもまぁいい。負けないっ。



今回、無罪がでた大野病院の件ですけど。
これで終わってはないんですよね。
世間的には「判決でたねー」「よかったねー」或は「納得いかない」って
思うかもしれない。
で、思うだけで多分数日後にはすっかり過去で
「あれ?まだ言ってるの?」「いいじゃんもう決まったことだし」とか言って
こだわる人達をあっさり言い捨てちゃったりするのかもしれない。
或は「もう結論は出たんだからもっと前向きに考えてよ」みたいな。

でもさー。ちょっと思ってみた。
今回の件は一連の流れのひとつ、分かりやすい事例だってことで、
まだまだ終わって無いんだ。当事者である医療関係者にとっては。(遺族にとっても)

きっとね、悩んで悩んで一線から退いてしまった同僚とか
悩んで悩んですっかり心が痛んでしまった同僚とか
みてると思うんだ。
そしてなによりもさ
無罪になった次の日から
事態が一転して杞憂がすっぱり晴れたなんてこと
ありえないわけで。
まだ、終わってないんだよね。そんな風に考えてみた。
まぁこれは遺族側にもいえると思う。
ただ、うーん。
なんつーか、感情移入できないんだよなぁ。なんか強引すぎて。

人殺し とか 殺人犯って言葉は重い。
重くて、衝撃は大きい。
特に助けるのを生業にしている人にぶつけた言葉としては
破壊力最大なような気がする。それはさ。
自分自身、仕事していて
怒られたり不手際を指摘されたりはがんばれるんだ。
でも一番堪えるのは
「手抜いた」「やる気あるのか」の類の罵倒なんですよね。
ましてや、生命を扱うんだから。
想像絶する…。

今、医療関係者に対して
「もっと前向きに」とか言うのは酷、というより
場違いな気がするんだ。
キモチが切り替わるのはもっ時間がいることと思うんだ。
でもってこの一言がいいたいんですけど

お医者さん達が今回の件でちょっとほっとしたのと同じように
患者になり得る私たちもほっとしましたヨ。てことなんです。
(まぁ、全員じゃないんだろうけど…大抵の人はそう思ってるんんじゃないかなと。)

しっかしあれだねー。
今回の件で色々。
弁護士さんの文章、大学教授の文章
読んでみて、やっぱ上手。
いいなぁ。

▲topcomments(0)trackbacks(0)

それでも進む。僕たちは。

大野病院事件Wikipedia
・前置胎盤Wikipedia
・前置胎盤Merck's Manual
・癒着胎盤Wikipedia

-----------------------------------------------------------------
ある産婦人科医のひとりごと
新小児科医のつぶやき
産科医療のこれから
「福島大野病院事件」地裁判決への雑感

Lohas Medicalブログ
・ご遺族の方々の心境
・判決公判

-----------------------------------------------------------------

社団法人 日本産科婦人科学会の見識

-----------------------------------------------------------------

橋本紡オフィシャルblog
もにょもにょ日記

-----------------------------------------------------------------
※新聞各社の記事は「記事の続き」のほうにあります
-----------------------------------------------------------------



新聞記事を見て「ん?」って思ったので
あちこちさすらってみました。
で始めに一言…。今回の件を色々見ていくとまずは
  |医療崩壊とか患者さんの受け入れ拒否とかと
  |今回の裁判との関連性とか
  |ホント今の医療体制とか医療従事者の立ち位置とか
  |全く気に止めていなかった自分が一番ダメな奴
というのが分かりました。

世間はそんな事になっていたんですよね…。

受け入れ拒否のニュースについても
ひでーなぁ…くらいにしか考えてなくてさぁ。
ネットってすごいなぁ。知ろうと思えばいろいろでてくる。
とはいってもこのブログも中途半端なんですよ。
文章としての情報などは圧倒的に今回の件は「無罪」支持が多くて、
反対意見もないかなとググってみたんですけど
なかなか出てきませんでした。コメントとかではありますけどね。
正でも違でも文章として成り立っているものは見つけられなかったのです。
(心当たりあるかた是非教えてください。やっぱ読んでみたいです)
↑イッコ近いものを見つけました。花水木法律事務所

ドシロウト&思い切り第三者どころかただの傍観的立場の自分ですが
その無知を逆手に書いてみます。
ホント、基本に立ち返る感じですが

この患者さんは病院に行かなかったとして、
手術を受けなかったとして、
母子ともに無事で出産したのかどうか。

そこでWikiとか医学書サイトとか
医療関係の情報を調べてみるわけです。ネットでですけど。
で、シロウト的に「…これはちょっと無理かも…」と思うんです。
医療がここまで発達してなかった時代、
無事お産できた人とできなかった人がいて、
この患者さんは出来なかっただろうなと。
それはとても悲しいことですが、現実そうだったのでしょう…。

なんでそう考えたかと言うと
何もしなければ健康で生命の維持をできた人に
わざわざメスを入れて死なせた
という論調にすごい違和感を感じたのです。
(ヤフーのみんなの感想にもちょこっと書いてしまいましたが…)

あるところでは「光市事件」が引き合いに出されてたりしてましたが
今回と絶対的にちがうのは
全くの健全な命→殺害された
そのままでは危険な命→治療中亡くなった
ってとこなので、引き合いにだすのは違うと思うんですよね。

今回のマスコミの記事の印象はへたすると
全くの健全な命→殺害された
に近い書き方があるように思えて。
まぁそれだからこそ自分で色々読んでみたのですけど。

もたもた書いてますけど要約すると

○そのままでは母子ともになくなっていた
○患者は助かる為に受診&医師は助ける為に手術
○とても悲しい結果になってしまった

ていうのが今回の事件の
自分の考え方です。
それを踏まえて
○もっと設備のあったところでは助かったかも
○もっと準備をしていれば助かったかも
○ちがう方法の手術をしていれば助かったかも
と、様々な「こうしたらよかった」が出てくるわけですが。
果たしてそれをもってして医師を「殺人犯」にできるのかどうか。
どうやら民事と刑事はまったく違うらしいので
今回は刑事裁判なので有罪ということは殺人犯ってことですよね…。

手術を行っても患者さんが亡くなってしまったら殺人犯?

この前例になるかどうかの重要な裁判が
今回の事件だったんですよね。
だから、医療関係者の衝撃は大きかったんですね。

メスで切る が 殺傷行為 として断罪される?

  ※追記:花水木ブログにある「タクシー運転手」例えも違うと感じます。
      ・道路を走って人を運ぶ ということと
      ・メスで人の身体を切る ということは
      はたして同位置に並べることなのでしょうか?という疑問が
      あるわけです。つまり
      普通に生きていれば、身体を切る、そして内臓を探る行為は殺傷に価しますね。
      しかし疾病の治療に、医師はそれをするわけですよね?
      立ち位置がちがうと思うナァ。率直、これが今の弁護士の考え方なの?
      説得力ないよそれ。ガッカリ…
      

確かにこれはちょっと怖いかもと
医療関係の仕事ではない自分も感じます。


でも、
だから「患者みません」「医者やめます」って
それもどうかと思うのですが…。
「金はらってるんだ」「助けて当然」とか思っている私達側と
いい勝負なのかもしれません。(いやよくないって!!)

お互いがさ、鏡だよね。
医療崩壊が進み、今回の無罪が(まだ確定してませんが)あっても
崩壊は止まらないという意見もあります。
これを「医療側からの脅し」と感じるのか
訴えなければいけない「現場の切実さ」ととるのか。
患者になりえる側の自分達を振り返ってみよう。
自分の立ち位置で、感じ方がわかれるんじゃないかな?と思います。



ここから先はちょっとした自分自身のエピソードですが
私は中学生くらいの時に「デスモイド腫瘍」になったことがあります。
気付いたのは足がなんかふくらんでるなぁ。痛くはないけどー
だったと思います。
地元の病院でもたもた。半年ほどしていて
とうとうそこのお医者さんに「大学病院で検査しよう」と言われました。
早速大学病院へいくと「速攻入院」となり、
通常一ヶ月〜半年のベッド空き待ちを一週間の異例のスピードでの
入院となりました。
後から親から聞くと、外来の先生や大学の助教授には
「悪性が否かはこれからの検査になりますが」
「悪性なら、これだけ大きくなっているのなら」
「他へ転移してるでしょうから」
「最悪、対処しようがないくらい手遅れの可能性もあります」
「足は、切断になると覚悟してください」
と言われていたそうです。
幸いにして悪性ではない(かといって良性でもないらしい)腫瘍だったので
足を切断することもなく、腫瘍周囲の筋肉ごと切除ですみましたが
実はこの病気、
「この病症は稀で、研究が進んでいなくて」
「半年前にやっと解明された病症でした」
「半年前なら足切断していました」
ってことらしいです。
ドイツの教授らしき人がわざわざやってきて私の手術に立ちあったらしいです。
↑別に危険だからとかじゃなくて、珍しいからだったと推測されますが…

もし切断していたとして、半年後にはしなくても良かったことが判明した時、
私は親は病院に「不当な手術」だったとして訴えたのかな?
感情とは別に、しょうがないタイミングだったんだと思い切るのかな?
私の足の運命はこの一年で全く違っていたってことかぁ…と
今でも思い出します。

病症が判明した時に当時の婦長さんに
「未成年の難病治療の国の援助があるから」と
教えてもらったことはとても感謝でしたねー。
病院にかかる人、治療を受ける人は
知らないところで知らない制度があるかもしれないから
調べてみるといいかもしれませんね。
続きを読む▼
▲topcomments(32)trackbacks(2)

センチメンタル極刑論

終身刑創設に否定的=成人年齢下げは政治判断で−保岡法相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080802-00000066-jij-pol



死刑になりたかった死刑囚に死刑を施行することは
反対に極刑にならない という文章を聞いたことがあります。

そして終身刑は
死刑よりも残酷だという意見について
ふと違和感を感じるのです。

そう感じつつも自身の根には
死んだら終わり とは思わないが
生きていれば幸せ とも思わないという矛盾も
あるわけです。

刑とは約束事であるならば
本来刑とは
周りが求めようが求めまいが
本人が求めようと求めまいが
約束事に則って施行されるのが
本来の姿かと思います。

そしてその約束事を決めるときの価値基準において
やはり相対性が重要なのは
法や刑は物理的抑制力のほかに
これまでそしてこれからの
その法・刑のもとにある世間・国の
倫理観、精神の立ち位置
簡単にいうと慣習にさえも
重要な重さを持つということなのです。
これからの、社会の倫理観に。

他人の命を奪って
自分の命を渡さなければならない刑を求められて初めて
自身の命の価値を感じるしかなかったとしてもそれは
その刑の欠点ではなくもっとそれ以前の
生まれて 生きた
そこでの問題提議となるはずだった思うわけです。




死んだら終わり とは思わないから
生から逃げないし
死から 逃げない

生きていれば幸せ とは思わないから
必死に生きて
必死に 死に向う

なんていう
個人の中の思いなど価値基準にはなりません。

命の対は命
そして生きている事はやはり
死ぬことよりも いきている という
生命への素直直截な姿勢にたち
犯罪を裁き刑を施行する。
司法というものの根幹であって欲しいと思います。




▲topcomments(0)trackbacks(0)

沈黙のマスメディア

毎日新聞が9年間海外に発信した品性下劣な記事をまとめたサイト
【情報集積wiki】

新聞社の謝罪文
【経緯を報告しおわびします】

全くわびてねーよ。つか記事訂を外国に発信して
日本人の名誉を回復するようにつとめろ。という国民の声の一部
YAHOOのみんなのコメントコーナー
【001】
【002】
【003】




もうさ。
この件については多くを語るまでもなく、
無くなっていいよ毎日新聞毎日に名誉毀損で訴えてもいいと思う。
コメントにもあったけど数年前だったかの
日本への某海外人権団体からの人身売買指摘ニュースもさ
「はぁ?どゆこと?」って思ってたんだけど
なんかそのニュースの続報は出なくて立ち消え感を感じていたんだけど
背景にこんなこと、あったのかもしれない。

まとめサイトにある
「エクアドルではジャングルで逃げ惑う子供達を
  ライフルで狙い撃ちをするゲームに興じる日本人」
ていう記事についてはエクアドル邦人がびっくりして
毎日に問い合わせしてるらしいけどなしのつぶて。
日本大使館と日本人会で対策を協議中とのこと。
※ソース→Will9月号264ページ
現地の治安がまんま命に直結する海外において
日本人がそんなことしてる!って噂がたてば
コワいことになりかねない。
経済大国の三大ニュースペーパーのひとつ
毎日新聞が「毎日新聞」の名の下に(つまりそれなりの威信をもって)
上記まとめサイトにあるような記事を海外に発信したんだよね。


ずっと前に家畜人ヤプーを読んだとき
「人間改良したあるく便器」とか
「人間埋め込んだ自然刷新カーペット」とか
「人間を極小にして体に這わせるオナニーグッズ」とか
いらねぇそんなもん
と思った日本人としてひとこと言っておく。

豚を獣姦してからと殺して食うレストラン だの
息子のオナニーを助ける母親 だの

あるわけねぇだろそんなこと。

もうね!
虫唾がはしるわ!!!!!!

いやーーーーーー。
もっぱらネットでニュースを見ているんだけど
この時ばかりはネットに感謝。
そしてこの事を記事にしてくれた時事通信とITmediaニュース、
なんかあれ、うそだったらしいよって
記事を書いてくれたイギリスとかの記者さんに感謝!!
そしてこの事についてちーーーっとも触れない
日本国内の新聞社TVニュースに危機感ひしひし。
日本人ってこうして愚民化させられていたのかもしれない…。
続きを読む▼
▲topcomments(0)trackbacks(2)

隣国と領土と島唄

結構真剣に動向を見てました今回の件。
それからあちこちのニュースサイトも。
これ書いている時点では朝日と毎日からは記事が出ていないっぽい。

産経
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080714/edc0807141605001-n1.htm

日経
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080714AT1G1101I14072008.html

これは日経のフライングか?
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080714NT000Y91814072008.html

読売http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000028-yom-pol

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/article/20080714000051
※この時点で朝日と毎日の記事が見当たらないなぁ…。
めっけたら追加しとこう。

日韓リアルタイム翻訳掲示板
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1670953
↑ネットのほうが国:国よりもよっぽど率直にコミュニケーションしてる(笑)
一般人同士だからかもしれないけど

島根の方々の思いhttp://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/

日本国としても立ち位置資料
<外務省>http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/
<自民党>http://www.jimin.jp/jimin/daily/06_05/16/180516a.shtml


-----------------------------------------------------------

こうしてみると記事に多少の錯誤がありそうな。
読売が初めからブレない内容UPしてたって印象。
竹島対策は安倍首相の時代の起案らしいね。
結局実に日本らしい記述に落ち着いてしまったというのが感想だけど
でも前進ととれなくもない。

気分的には「しっかりしろよ!政府!」とか思うんだ。
でも
国際的には日本の領土なんだよねぇ。という根拠からか自信からか
必要以上に相手を追い詰め、突き詰めなくてもねー今後の関係もあるしー
って気分もわからなくもない(笑)ああ、日和っちゃイカンのだけど。

どうも日本って過去の事が未だに苦痛らしい。
えと、戦争も勿論だけど敗戦のいろいろ戦後のあれこれ。
口にはしないけど、どこかの誰かみたいに声高に悲鳴はあげなくても
幕末から開国、国を根底から変えたこと。
数度の戦争と連敗と敗戦。引き上げや捕虜。
その後もいろいろ。慰安婦問題とかね。謝罪しろとか。
なんかきっとこういうのに辟易というか疲労困憊で
なかなかリアクションパワーがおきなかったのが
ここ数年、日本もちょこちょこっと動き出してる気がするんだけど
そう思うおいらはノーテンキすぎますか(笑)
疲労困憊な年代からやっと体力のある年代へとシフトしてるのかもなんて
ここ数年を見ると思うんです。

ネット上では
「がっかりだよ政府!!」「もう日本終わった」なんて意見もあります。
そう思うのも然り。
不安になるよね。どうも印象が弱腰外交…。
それもこれも先にあげたとおり、過去の色々への過度の配慮にも思えるのだけど。

ま、でもどんなにネット上で盛り上がっても街頭演説ぶっても
コレだけ情報過多・情報規制など皆無な日本国内において
隣国のようなナショナリズムの波など起こりようがありません(多分…笑)
静かにひいた波が、またすすーーーーと寄せる様に
中庸に落ち着くのがこの国の性質だろうな、と思うので。






ま、こっから先は妄想だけど
例えば経済において。
日本円は韓国ウォンを実は影で支えているそうです。
正確にはウォンの、国際的価値を円が(ある上限まで)保障している
っていう関係のようなので

それ、やめちゃえよw

って思わなくもなかったりね。
でもそうそうるとアジア、ひいては世界の経済になんらかの影響がでるので
日本国としては、しないけどね(笑)




まぁそんな恩人?に対して
暴挙にでるよね隣のヒトとか思うとね、また妄想したくなる(笑)

隣国のナショナリズムの片棒を担ぐように、
もちろんその見返りもしっかりと
隣国と密約でもむすんでんのかね?わが国は(笑)

なんてね。
…そこまでできるようなお国柄じゃないか…(汗)




と、ぶつぶつ呟く夏の夕暮れ。
あああああ暑い…っ!!!
続きを読む▼
▲topcomments(2)trackbacks(1)

相対的生命論

パパラッチ週刊誌系タブロイド紙になっちまった感のアサヒ。
ねぇもうマトモに読んでる人いるのかい?と思った記事。
なんかもう産経の記事しか見当たらないんだけど(笑)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080620/trl0806201109003-n1.htm
↓以下引用
 今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、
朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の
閣議後会見で、「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。
死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する
侮辱だと思う」と強く抗議した。

 「死に神」と鳩山法相を表現したのは、18日付朝日新聞夕刊のコラム「素粒子」。
約3年の中断を経て死刑執行が再開された平成5年以降の法相の中で、鳩山法相が最も
多い13人の死刑執行を行ったことに触れ、「2カ月間隔でゴーサイン出して
新記録達成。またの名、死に神」とした。

 会見で、鳩山法相は「私を死に神と表現することがどれだけ悪影響を与えるか。
そういう軽率な文章を平気で載せる態度自身が世の中を悪くしていると思う」と
朝日新聞の報道姿勢を批判した。



ふーん。
と言うわけでちょっとアサヒのWebに行ってみた。
そのコラムないかなーと思ってさぁ。ねーじゃん。
原文読みたかったけど無いし。
でね。
完徹+セミナー受講でくったくたの
ヨッパライがつらつらっと思って見ました。
続きを読む▼
▲topcomments(0)trackbacks(2)
<< | November 2017 | >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
   01020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Profile

New Entries

Selected Entries

Recent Comments

Recent Trackback

Categories

Archives

Recommend

Mobile

qrcode

Search this blog

Others

Gun☆Ryu's blog:banner Gun☆Ryu's Template:banner  みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored